選者:廣川玉枝
この作者の作品は、既にほかのコンテストでも見ていますが、より軽く、エレガントに進化しました。テープで柔らかさを表現した点や、オリジナルの編み方もよいと思います。人間が平和だと感じる世の中も、革が使われ肉が食されるのだから、動物の視点では平和ではないと訴える作者の気持ちが、アレンジしたハート柄をレーザーカットでくりぬいた、フェイクレザーに示されています。なんとも言えない中間色を選んだのも、大正解ですね。ただ、ウエストのボタンが目に飛び込んでくるのが気になるのと、デザイン画よりも若干おとなしくなっているので、もう少し、メリハリがあってもよいのかもしれません。ウエスト部分は、ショルダーと同素材を使用してバランスを取ったようですが、私なら両方ともメッシュをやめ、ショルダーもニットにしてボリュームを出します。そのほうがこの服のよさが伝わるのではないでしょうか。インナーの袖丈も、もう少し長いほうがきれいに見えますね。
伊藤里緒