『Draw a Line』

 
人絹撚糸とボーンを使用して、つり橋、電線、シルクスクリーンの枠など、身の回りにある様々な線から影響を受け、線の集合した重なりの美しさを立体で表現しました。全体のシルエットと、インナーとつながった線の疎密さに神経を使いました。作品の周りを回って、様々な角度から線が見せる表情の移り変りに注目してほしいです。
 
小林由紀恵
岩谷俊和 選出